三重県海外子女教育国際理解教育研究協議会
The Mie International Educational Research Conference
 

スケジュール

2019/6/22
 R1年度(H31年度)総会・帰国報告会 予定

==========================
2019/5/25
 第一回役員会 終了
2019/5/18
 代表者会 終了
2019/2/23
 H30派遣教員壮行会 
2019/1/26
 第2回役員会 
2018/11/10
 第12回東海ブロック
 国際理解教育研究大会(三重大会)
 H30三重県国際理解教育研究大会

 終了
2018/6/23
 H30定期総会&研究大会
  (帰国報告会) 終了
2018/5/26
 H30第1回役員会 終了
2018/5/12
 H30第1回代表会 終了
2018/2/24
 第4回役員幹事会 終了
 H30派遣教員壮行会 終了
2018/1/17
 第3回役員幹事会 終了
2017/10/29
 H29 第2回 役員幹事会 終了
2017/10/14
 H29 第2回 代表者会 終了

2017/6/24
 H29 総会・帰国報告会
 終了
2017/5/20
 H29 第1回 役員幹事会 終了
2017/5/13
 H29 第1回 代表者会 終了

2017/3/4
 H29派遣教員壮行会 終了
2017/2/4
 第3回役員幹事会 終了
2016/11/5
 東海ブロック大会 静岡 終了
2016/10/29
 H28 第2回役員幹事会 終了
2016/6/25
 H28総会・帰国報告会
 終了
2016/6/4 H28 第1回役員会 終了
2016/2/27H28年度壮行会 終了

2016/1月第三回役員幹事会 終了
2015/11/7東海ブロック大会愛知終了

2015/11/1 第二回役員幹事会終了
(含む ブロック大会事前研修)
2015/9/21 代表者会 終了
2015/8/20>8/22全海研全国大会終了

2015/6/27 H27総会・研究大会終了
2015/5/23 第一回役員幹事会終了
 

カウンタ

28318

会長あいさつ

会長あいさつ

2017年10月1日
三重県 海外子女教育国際理解教育 研究協議会
   会 長  川村  武弘

 三海研会員の皆様,全国の教育関係者の皆様こんにちは。当研究協議会のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
 日頃より,各教育現場や地域におきまして,国際感覚豊かな子どもたちの育成にご尽力くださりありがとうございます。また,当研究協議会の教育研究活動にご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。

 私は,本年度6月より三海研第10代会長を拝命いたしました川村武弘と申します。
 歴史と伝統ある当研究協議会会長としては,甚だ力不足ではありますが,これまでの諸先輩方が築いてこられました当研究会の歴史と伝統を受け継ぎ,さらなる発展をめざし,微力ではございますが精一杯務めたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて,私たち三重県海外子女教育国際理解教育研究協議会は,日本人学校等の在外教育施設へ派遣された教員で1984年「三重県国際理解教育研究会」として発足してから30年余りが経過しました。そして,平成22年度に県下で初めて開催された東海ブロック三重大会を契機に,全海研の名称との整合性や本研究協議会の目的等を勘案して現在の名称となり,本会の趣旨に賛同する教員,これから派遣を希望する教員等の会員も加え,会員数は170名を超えようとしております。その会員の中には,現在,公立の小中学校や教育関係機関で学校教育に携わっている者,退職し地域や社会で活躍している者,そして派遣中の者がおります。海外で過ごした貴重な体験や身に付けた国際感覚を教育の場に生かしたいという願いで発足し,今日に至っております。

 近年,加速度的にグローバル化する社会で生きていく子どもたちにとって,異文化理解,多文化共生,外国語(英語)教育,外国にかかわりの深い子どもたちの教育等々を含む,国際理解教育・海外子女教育の重要性は日に日に高まっていると実感しております。
三重県教育委員会は,昨年度改訂した「教育ビジョン」の中の8つの重点項目の中に「グローカル人材の育成」を挙げ,国際理解教育に力を注ぐ方向性を打ち出しています。また,三重県は日本語指導が必要な外国人児童生徒の在籍率が全国1位(平成26年度調査)であり,多言語化が進んでいることから,外国人児童生徒教育にも力を注いでいます。
更には,学習指導要領の改訂に伴い,小学校の英語・外国語活動の充実と,中学校の英語教育の充実に向けて各校が模索しているところです。

 三海研はこのような状況の中,県内外の教育活動に派遣経験者の海外での経験や実践の成果を還元すべく研究テーマを「多文化共生の時代を切り拓く児童生徒の育成」?新たな国際理解教育の創造をめざして?として活動に当たり,各在籍校での実践に加え,総会・研究大会を開催したり,県教育センターからの依頼を受け,県の研修講座を担当(29年度は講師として3名が講演)したりしながら,国際理解教育の振興に力を尽くしています。

 来年度平成30年度には三重県での東海ブロック国際理解教育大会が開催されます。「東海ブロック大会『三重大会』」といえば,3年前の平成26年度に,平田佐康現顧問へ滝多賀雄会長より要請を頂き,「全国大会(三重大会)」を「東海ブロック大会」と兼ねて開催させていただいたことが思い出されます。大きな成果が得られましたが,天候の面では随分ご心配をおかけしたことが今でも話題に上ります。前回の「全国大会兼東海ブロック大会(三重大会)」,その後の東海ブロック大会の成果と課題を検証し,来年度の三重大会が今まで以上に東海ブロックの海外子女教育国際理解教育の研究を進めていく契機となればと考えております。
 東海ブロック各県会員及び関係者の皆様方のお力添えと積極的なご参画をお願い申し上げますとともに,来る平成30年11月10日(土)に鈴鹿市・白子小学校で開催予定の「第12回東海ブロック国際理解教育研究大会(三重大会)」に多数ご参集いただきますようお願い申し上げます。

 最後になりましたが,本会関係者の皆様の益々のご発展とご多幸を,加えて本県国際理解教育の益々の振興を祈念いたしまして,会長の挨拶とさせていただきます。